Satisfactory

2010年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年03月
ARCHIVE ≫ 2010年03月
      
≪ 前月 |  2010年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今作の目標

全国区で有名な地元のあのお方には、タイポ王子の称号を授けたい!

3/28の成績

さっと@大賢者三段
魔法石:10922個

0-0-0-0#2-3(ドラゴン組)
1-1-0-0#1-0(フェニックス組)

YAZでトナメ8クレ、のじゃらんで協力18クレ。YAZは言わずと知れた100円2クレ、のじゃらんはPASELIが地味にお得ということで、廃人フレンドリーなウチの地元ですが、いい加減単純労働石稼ぎにも飽きたがな。ドラ組は相変わらず決勝はおろか準決勝に進むことすら難しい有り様で、適正クラスフェニでいいやもう。

と、投げやりになりかけるのは目標が明確では無いからでして、前作はそれでダラダラと堕落していった反省を踏まえまして、今作では真剣に目標を立ててやってみようかと思っています。「5」の頃が一番楽しかったのは、昇格試験と言う明確なハードルがあって、そして地元での店舗大会があって、具体的な目標を乗り越えるために武器を作ったり、磨いたりの鍛錬をしていたから。自己育成ゲームが一番面白い。

そこで、今作ではまず最初に新しい武器を鍛えます。ここまでは前作までと同様「サッカー」を使い続けているものの、ランダム形式は出題数の多さからどうしても正解率9割辺りで頭打ちになってしまう。もう少し精度の高い武器をひとつ作りたいという想いが強かったため、サブジャンル間で最も得意不得意の差が少ない「社会」の中から、ある程度攻撃力(刺さりやすい)があって、ある程度防御力(スピードで勝てる)のある形式、「スロット」に白羽の矢。

そうなると、まずは決勝で出題し始める前に、DSや問題集サイトなどによる猛回収が必須となってくるわけですが、ニュースクイズ配信にも備えて、もちろん予習でも回さなくてはならない。ただし、現状では予習1回のゲーセンが多いため、他ジャンルの☆を増やすためにも予習3回ゲーセンに通い詰めるなんてことが必要になりますな。Wikiで調べたところ、近所だとウェアハウス南流山店か岩槻店に行くしかないかな。

まあ、「5」時代にスポ多答を鍛えていた経験を踏まえても、新しく武器を作るというのはなかなか楽しい作業なので、ちょっと頑張ってやってみます。金属賢者になる頃から投げられるように準備して、最終的には「琥珀賢者」になれればいいなと。あとはジャンル限定大会くらいなら戦えるようになれれば。お手合わせの際にはよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

大賢者到達

ささっと大賢者に上げてきました。全国で65番目くらい。

3/27の成績

さっと@大賢者二段
魔法石:10278個

retro_5571

◆レトロゲーム検定/Sランク5571点(2ミス)

本日も大半はレゲー検定。回収&検索も終わってほぼ4千台安定、引き次第では5千台というところまで来たけれど、5千中盤を獲っても100位台、全一は既に7千突破というレベルでは上を目指す気にもなれず。とりあえず、当面の目標であったノーミスも達成できたので、この辺でおしまいかな。

これまで100クレちょい注ぎ込んでみたモチベのひとつに、レトロゲーというからには「アウトラン」問題が出ないかなーという淡い期待がありましたが、結局これまでに見た問題といえば…

q_tor

これと…

q_ors

これくらいなもん。あと私はまだ未見ですが、「ランナーズ」の曲名の線結びがあるらしいですが、「初代」の問題は無いみたい。まあ、ステージ名と曲名くらいしか問題に出来そうな素材は無いので、仕方ないと言えば仕方ないかしら。でも全般的にコナミ、ナムコ問は多いけれど、セガ問はイマイチ少ないような気がするのはバイアスのせいかな。

1-0-0-0#5-4(ドラゴン組)
1-1-0-0#4-0(フェニックス組)

あとはトナメに復帰して魔法石供給大賢者と化しましたが、ドラ組では14→10→7→11→13→7→14と超低空飛行を続けた挙句にフェニ組に墜落、さらに6クレ上がれずやさぐれた末に、閉店間際のHUM7人戦でやっとこさホーム初プラチナゲット。通算まだ2枚目。いやーもう、しんどいしんどい。

前作に比べて出題される問題が大幅に易しくなった影響で、予選の1ミスが致命的に重たい。全員正解当たり前の「空気問」が増えたおかげで、タイポやド忘れによる即死確率大幅アップ。ドラ組だと1ミスで予選敗退危機、2ミスで最下位危機ってどんな煮詰まり方だよ…。絶対に落とせない易問がそこにはある。

※おまけ追加

q_or

脳蕩れ

釘宮病がこじれて悪化したあああああああああああああああああああああ/(^p^)\

3/23~26の成績

さっと@賢者十段
魔法石:8534個

1-2-2-1#12-3(ドラゴン組)※COM1勝
1-0-1-0#1-0(フェニックス組)

アイマス(伊織)で感染→ゼロ魔(ルイズ)で発症→とらドラ(大河)で熱に浮かされたのち、しばらく小康状態が続いて油断していたところにアイコ釘付け←今ココ。アイコ禁断症状、略してアイジョーが湧くと居ても立っても居られず、気が付いたら4日間で九段上がってたお。一番フツーなキャラのフリをして、今後は一般人をも次々と毒牙に掛けて行くのでしょうね。アイコ、恐ろしい子っ…!

【政府広報】
※釘宮病は不治の病です。2010年現在、治療法はまだ、ない。

retro_4644

◆レトロゲーム検定/Sランク4644点(3ミス)

4日間の内訳は軽く120クレ。うち、トナメ24クレ、検定41クレ、協力55クレ。サブホームのアドアーズ浅草店が正式稼働当日はコンティニュー45Pだったので、これは安いとばかりに協力プレーをやり込みましたが、翌日から90Pに倍増してしまったおかげで検定にシフト。こちらは地元に100円2クレの店がふたつもあるので。

検定はさほど回収せずにSランク安定のレトロゲーオンリーですが、さすがにここまでやり続けると見ていない問題もほとんど無くなってきたので、そろそろ全部検索かけてノーミスを出しに行ってみましょうか。どのみち層が厚すぎるので、5千や6千を出したところで二桁順位に入れるかどうかも分かりませんが。それよりなにより、ランキングが見られないのはどうかと思うな。

賢者昇格

さっさと賢者に上げてきました。

7_kenja

毎シリーズ、正式稼働日前に賢者に上げてしまうのが恒例行事になっているとはいえ、今回ほどあっさりと、何の達成感も無いまま上がってしまったのは初めてかも。というのも、昇格イベントや記念一枚絵どころか、シリーズ作品恒例のエンディングすら無いんだもん。さらに賢者服すら用意されてねえ。拍子抜けだー

3/20~22の成績

さっと@賢者初段
魔法石:4923個

2-0-0-2#6-4(ドラゴン組)※COM2勝
1-2-0-0#2-0(フェニックス組)

一応は3連休でしたが、連休初日は八千代にて久々アウトランのオフ会に馳せ参じていたため、みっちりとプレイしていたわけではなく。主な稼ぎどころは、稼働当初から100円2クレにて促成賢者大量繁殖場と化しているベネクス越谷店における夜通しレトロゲーム検定と、まだまだ少ないPASELI導入店舗である“のじゃらん”でのオンライン協力プレー三昧。

賢者昇格までにかかったクレ数はなんだかんだで192クレもありましたが、うち検定試験が63クレ、魔法石1740個。所詮、検定試験はランキング狙いでもなく、Sランク安定で獲れたわけでもないため、1クレ平均27個と大して稼げず、稼ぎの大半は101クレを費やした協力プレー。こちらはPASELI未使用の店内2クレ分を除く99クレで魔法石2665個。1クレ平均は検定とさほど変わらずとも、所要時間が検定の半分以下なので効率抜群。

kyoryoku_40465

◆協力プレー/初級の遺跡
到達回数:地下13階
得点:40465点

記録の方は、オンラインのメンツと問題の引きに大きく左右されるため、狙って高得点を出せるような代物ではありませんが、最高は地下15階中13階まで行きまして、まだまだ導入店舗の限られた現時点ではセンモニの全国ランクにもあっさり載るような感じ。地下3階以降はワンフロアクリアするごとに追加PASELIを徴収されるものの、ほとんどの参加者は失敗するまで連コするので1フロア2~3分×10フロアで30分弱ぶっ通しとかざら。

結局、賢者昇格まで全部で11回ほど協力プレーを繰り広げたわけですが、1回のプレーで大抵地下10階くらいまではサクサク進むので、ウチの店の設定だと初回2フロア120PASELI(以下P)+1フロア48~54Pで500P強を確実に徴収されるというがめつい商法。しかも、事前チャージ式の電子マネーなので浪費している実感が湧かない。うーむ、これは全国大会などでもPASELI割引を適用されたら際限無く使い込みそうですな。危ない危ない。

それはさておき、アーケード業界としては遂に「1コインの壁」という制約を取っ払うことが出来る画期的な電子マネーシステムがようやく導入の途についたわけで、ユーザーに愛想を尽かされない程度に柔軟な料金設定やら割引サービスやらを取り入れることが出来れば、なかなか面白い仕組みが作れそうな期待はありますが。階級が上がれば上がるほどディスカウントするとか、勝てば次回が安くなるとかね。

協力プレー、石稼ぎが無ければ飽きの早そうなモードだとは思いますが、今後に期待。

新学期

アイコはじめました!もとい、QMA7始まりました。

男性キャラ1人、女性キャラ3人が新たに加わりながら、総キャラ数は「6」での15人から10人へと激減した新学期。つまり、大量9人が一斉リストラというシリーズ作品では前代未聞な暴挙が断行され、愛すべきマイキャラを失ったプレイヤーたちが泣く泣くキャラ変更を余儀無くされる中、メインヒロインに抜擢されたマイキャラを尻目に新キャラに乗り換えた男がいるらしい。てゆうか僕だった。

「3」時代から数えてなので、シャロン様を使い続けてもう4年。にも関わらず、たった2日でこれほどまで急速に色褪せて見えるようになるとは思いもよりませんでした。ごめんなさいシャロン様。でも、貴女の姿はこれからも限定PASSの絵柄に…いや、心の中で生き続けているから!でもなんかトナメからも随分シャロン様の姿が減りましたね。前作までの人気からしたら圧倒的に多いはずなんですが、浮気者が多いのか。

aiko_win

さて、そんなわけでアイコですが、キャラの特徴をひとことでいうと「CV:釘宮理恵」。まあ、私が選んだ理由の9割9分はここに凝縮されているのでそれ以上の説明は不要と言えば不要なんですが、なにせ公式のキャラ紹介コメントがこんなだし↓

特にこれといった特技は無いが、明るくひたむきに賢者を目指す女の子。

で、実際にプレイしてみるまでは、一枚絵も地味だし、これといったキャラ属性も無いし、正直それほど魅力を感じていなかったわけですが、アニメーションすると仕草のひとつひとつが元気で可愛い。特に優勝したときの腕ぐるぐるがくぎゅ可愛い。没個性が故に感情移入がしやすく、ある意味王道の主役ヒロインであり、色モノキャラでは無いがために、くぎゅ声が凄まじい威力を発揮しています。一度聴いたら離れられない。

つまり言いたいことはこれだけだ。コンマイぐっじょーぶ!

3/17~18の成績

さっと@中級魔術士6級
魔法石:534個

2-1-1-0#5-2(ドラゴン組)※アイス1勝
0-1-1-0#1-0(フェニックス組)

カード引継ぎ組はいきなり前作と同じクラスに編入されるので、煮詰まりドラ組で青息吐息。さっそく2クレ連続1落ちでフェニに叩き落とされますた。で、閉店間際のHUM5人戦でやっとこさ初プラチナメダルゲット。今作では決勝にCOMが混ざるとドラ組で優勝してもプラチナが貰えなくなりましたが、要はHUMが4人居れば良いのでツチノコ稼ぎはあまり変わらないでしょう。

あとは形式の分化やら、準決勝の出題方式変更やら、魔力廃止やら、やり込み要素追加やら、ゲームシステムのマイナーチェンジはあれこれありますが、全体的にテンポも早くなったし、やっつけ仕事的だった「6」に比べれば美術も音楽も凝っていて良い感じ。若干ライトユーザー寄りの偶数シリーズから、コアユーザー寄りの奇数シリーズにまたぞろ揺れ動いたかなというのが第一印象ですかね。

今作でもよろしくお願いします。

QMA6最終成績

結局「7」の3/10稼働説はガセでしたが、ちょうど「さっと」の日をもってプレイ終了のお知らせ。佐天さんの日とか言わない。

QMA6総合成績

さっと@紅玉賢者
獲得魔法石:171957個

QMA6_result


トータルの平均順位:5.82位
トータルプレイ回数:1650回
準決勝進出回数:1110回
決勝戦進出回数:648回
優勝回数:262回

(以下、ドラゴン組のみ)
200-181-150-101(632)#578-246
※全1456クレ

ドラステ率:88.24%
準決勝進出率:83.10%
決勝進出率:43.41%
決勝勝率:31.65%
全体勝率:13.74%

最終的には、ちょうどプラチナメダルを200枚稼いだところで終了。前作の最終成績に比べると、プレイ回数は約半分の水準でしたが、優勝回数はそれほど落ちこまずに済みました。まあ、深夜早朝プレイで稼がせて貰ったこともありますが、決勝に進みさえすれば非常に刺さりやすい武器を使いこなせてはいたので。ここは前作までに培った遺産のおかげですね。

他方、前作までに比べて上を目指すためという努力をしたかと問われれば、なーんもしてません。武器の鍛錬にしても予習を回すくらい。得意ジャンルで気が向いたときに多少の回収をした程度で、苦手ジャンルに至っては無対策。それでいて苦手ジャンルに文句を言うなという話ですが、思えば「4」の頃まではこんなものだったので、廃過ぎた「5」を経て元に戻っただけでした。

以下、正解率晒し。

以下、回想

のだ!終業のお知らせ。

yaz_50
lln_100

現ホーム、旧ホームともに、キリが良いところまで稼いだので。

3/7の成績

さっと@紅玉賢者
魔法石:171589個
魔力:3252P

2-1-0-0#3-2(ドラゴン組)※アイス1勝

今作での野田のQMA事情と言えば、稼働直後こそ“のじゃらん”にて店舗大会が開かれたものの、あとはさっぱり音沙汰なし。僻地にも関わらず2店舗ある設置店は、稼働日からずっと100円2クレやら、24時間営業やらと非常に恵まれた環境にありながら、相も変わらず常連客が減る一方でした。不況の影響もさることながら、QMAシリーズ自体が下火ということなのでしょうかねえ。

個人的にも今作は地元の店舗大会に出場したきり。せっかく前作での大会で知り合った方々と、あちらこちらでお会いしたりもしながらも、ずっと地元引き篭もりでアウェーの大会に出ることはありませんでした。魔力システムのおかげで客観的に実力不足を痛感してしまったこともありますが、最後まで新システムに馴染めなかったのが致命的なハードルだったような気がします。ジャンルとか形式とか。

そんなわけで、「6」では全般的に消化不良な廃人生活に終わってしまったため、次作に切り替わるこのタイミングで心機一転したいところ。他のキャラを使ってみるのもそのひとつでしょうし、武器を変えてみるのも良いかも知れません。仮に「社会」を投げるときはアイコを使って、「サッカー」を投げるときは変わらずシャロン様を使うとかね。相手に合わせてではなくて、キャラごとに武器を使い分けるのもアリかなと。つまりはサブカ。

だって、どちらか一人かなんて決められないんだもの><

終業間近

くぎゅキャラの来襲を来週に控えた現在の心境をねんどろいどで喩えてみた。

petitchara

シャロン様ー!敵の戦力は圧倒的であります!><

実際、条件反射的にアイコを選びそうな雲行きですが…。どうなんだろ。

3/6の成績

さっと@紅玉賢者
魔法石:171049個
魔力:3116P

0-1-2-1#4-2(ドラゴン組)

ウチの地元ではこれまでのシリーズは全て先行稼働日に入荷していたことからすると、おそらく最後のプレイになるかも知れないこの土日ですが、とりあえず土曜はプライムに10クレやって未勝利。稼働最末期ということで、トナメのメンツが濃ゆいなあもう。勝てる気が全くしないものの、楽しいからまあいいや。

※補足:LL野田店は3/17稼働予定

平日に浅草で1勝したので、現在プラチナ通算197枚目。現ホームのYAZでは通算48勝目というところまで来ているので、日曜中にあと2、3勝できたらキリが良さそうな感じ。私の場合、様々なシステム上の不満から「6」に拘りも思い入れも全然無いので、むしろ早く「7」にならないかなーという新作待望派ですが、締めは締めできっちり戦って参りましょう。それではトナメで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。