Satisfactory

2010年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年10月
ARCHIVE ≫ 2010年10月
      
≪ 前月 |  2010年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レベルアップ

日曜日はアジア最高峰の自転車ロードレース、ジャパンカップを観戦してきましたが、全国各地から集まったギャラリーの膨大なロードバイクの中にこんな痛チャリの一群が。

jc2010 052

jc2010 059

jc2010 064

青緑色がブランドカラーなビアンキとミクさんの相性は抜群ですね。しかし、絵がプリントされてるディスクホイールとか、タイムトライアル用の機材なので軽く10万以上はするんだけど…。勿体無い!とまでは言わないけど、こういう贅沢な使い方ができるのは日本人だけだろうなあw

◆本日までのクリア実績
SAT.@LV126フーガ

さてそんなミクさんが活躍しているDIVA-ACですが、EASY→NORMAL→HARD→EXTREMEとひと通り全曲をプレイし直した結果、詰め切れていなかった達成率を稼いで何とかLV126になれました。副産物としてHARDは全50曲ランクイン。EXTREMEはパフェ獲ってるのに達成率100%未満の曲が4つもあるくらいなのでまだまだ詰める余地はあるものの、ここからが本当の地獄だ…
スポンサーサイト

ハードコア

DIVAクラスタに侵略侵略侵略侵略侵略侵略アウトランでゲソ!

◆Magical Sound Shower
ハイスコアランキング/HARD(全国10位)
※2010/10/19時点

HdMSS_414830

ベストスコア:414830点(104.06%)
COOL:514/521
HOLD:30230

フーガ昇格で一段落付いて、最近は経験値ゲージ伸ばしを兼ねてHARDを基礎からやり直し中。ついでに300位まで掲載される全国ランキングも目標にしていますが、現在50曲中42曲までランクイン。EXTREMEに比べればそれほどやり込んでいる層は厚くないので、HOLD切り替えや捨てノーツといったスコアタルートを見つけるか、ある程度FINE数を削れればハードルはそれほど高くないですが、一切ルート変更無しの「ガチ曲」は競争が激しいですね。

そんな「ガチ曲」のひとつでもあるMSSハードですが、FINE数は7個と前回更新時と変わらずながら、ホールドボーナスを稼いで自己ベスト更新。指先か掌かといったボタンの叩き方や、安定しやすい腕運びなどに工夫を凝らし、かなり意識してFINEを削れるようにはなりましたが、まだまだ筺体のクセに左右される状態。ボタンの押し心地が固いとレスポンスが遅れるため、FINEを連発したり。巧い人はどこでプレイしても巧いんですが。

その辺りはOR2SPのタイムアタックとも共通する要素で、筺体のクセに身体を対応できるかという「順応度」がかなりスコアに影響しますね。まずは相性の良い台を見つけるのが第一ですが、少しでもクセが変わった時に判断できるか、叩き方をどう変えれば良いかなど。どうしても苦手な箇所があったり、FINEが減らないという逆境のときこそ、徹底的に原因を追及すればむしろ成長するはず。スコアを詰めるのはそれからかな。

フーガ昇格

全曲PERFECT達成、最高称号「フーガ」に昇格しました~

fuga

◆本日までのクリア実績
SAT.@LV125フーガ

EXTREME(全50曲)/PERFECT:50
HARD(全50曲)/PERFECT:50
NORMAL(全42曲)/PERFECT:42
EASY(全30曲)/PERFECT:30

エクストリーム最後の1曲は「どうしてこうなった」。縦同時押し連打のリズムを合わせづらく苦戦しましたが、ボタンの硬さに最も慣れている地元の台で何とかパフェ達成。あとはノーマル以下の未プレイ曲を全て埋めたところで全172曲フルコンプリート。当分の間は新曲配信が無いとのことなので、現状エクストリーム全曲をパフェらないと獲れない「フーガ」は誇らしいですね。

しかし、仮にひとりでプレイをしていたのならこれで満足して区切りを付けていたかも知れませんが、その日のうちに「フーガ」を引っさげてアキバでのプチオフに参加すると、LV127フーガのトップランカーが2人参戦という状況では僅かに培った自信もぽろぽろと剥がれ落ちて、ここからもっと上手くならないとと決意を新たにした次第。ガーフー界怖いよガーフー界><

まずは全ての難易度において達成率が低い=COOL率が低いという現状なので、ひと通り全曲プレイし直してFINE削りと経験値稼ぎが当面の目標でしょうか。スコアアタックに参戦するにしても、FINE1桁当たり前というランカーの腕前を見てしまうと全然及ばないことは分かっているので。どんな叩き方が自分にとってベストなのかから探らないとダメですね。いつの間にやら立派な音ゲーマーだなあ…

ゴキゲンワルツ

ついにふきげんわるつをやっつけたぞ!

gokigen

◆本日までのクリア実績
SAT.@LV120カッサシオン

EXTREME(全50曲)/PERFECT:49、GREAT:1
HARD(全50曲)/PERFECT:50
NORMAL(全42曲)/PERFECT:38、NC:4
EASY(全30曲)/PERFECT:26、NC:4

DIVA-AC最強のラスボス曲と名高い「フキゲンワルツ」EXに粘着すること一週間。次から次へと100円玉を要求する鬼畜なフキゲンちゃんに愚痴ひとつこぼさず貢ぎ続けてきた甲斐がありまして、遂にゴキゲンちゃんにデレました!ゲームでここまで攻略に苦労したのはいつ以来だろう…。少なくともアウトランではそこまで苦労したカテは無かったので、やっぱりジャンルの向き不向きはあるもんだなと。

「フキゲンワルツ」の何が最も鬼畜かと言うと、終盤に用意された連打譜面。特に間髪入れず×9連打→△9連打と続く18連打のハードルが鬼のように高く、これをいかに攻略するかに腐心する毎日でしたが、オフ会や攻略仲間との交流のおかげで色々な方法を試してはやめ、最終的には何とか自分のやり方を確立できました。おそらく、同じ叩き方をする人はほとんどいないと思いますがw

というのも、連打系の譜面は1つのボタンを両手で交互に叩く人が上級者では圧倒的に多いですが、私にはどうしてもその叩き方が上手く出来ない。それでも、「孤独の果て」「初音ミクの消失」「SYMPHONIC DIVE」など高速系の連打がある曲を全て片手連打で乗り切ってきた意地があるだけに、「フキゲン」の18連打をいかに片手連打で乗り切ったかを攻略記にまとめてみました。

①×右手9連打→△右手9連打

初プレイ時に選択した方法は普通にこれ。「孤独」や「消失」の譜面のように、1ボタンの連打が単発であれば利き手の連打で乗り切れますが、「フキゲン」は×9連打と△9連打が連続しているので、ボタンを移動している時間がほとんどない。僅か一度きりだけ成功したような憶えがありますが、安定感は皆無。

②×右手9連打→△左手9連打

次に試したのが両手を駆使しつつ、それぞれで片手連打という茨の道。最初にふと試してみたときは意外とあっさり繋がったのでこれで行けるかと思いきや、利き手では無い左手の連打方法がまるで安定しない。掌全体を使った痙攣打ちやら指先を使った連打やらあれこれ試しましたが、連打速度が足りないことが多く断念。

③×右手9連打→△左手→△右手8連打

そして最後に辿り着いた叩き方がこれ。右手9連打が終わったあと、ワンポイントで左手を使い、再び右手8連打へ瞬時に繋ぐという苦肉の策。左手連打の遅さに比べれば、少なくとも右手連打は速度は出るので、あとは叩き始めのタイミングさえ合えば繋がることが分かり、一気に視界が開けました。そこそこの安定感。

この他にもイントロの嫌らしいリズムだったり、階段連打渡りだったり、ラストの「△3連打→□3連打→×3連打」だったりと難関箇所が目白押しでしたが、全てはミスの原因を突き詰めた上で、「できないことはやらない」、「できることだけする」という考えで攻略をすれば道は必ず開けます。不器用なら不器用なりに出来るんだぞ!と証明できたことが何より嬉しかったですね~

フーガまでEXパフェあと1曲、残るは「どうしてこうなった」!

本日のMSS

DIVAは先週末より「フキゲンワルツ」EXに全力粘着中ですが、パフェが獲れたら攻略記にまとめるとして、ひとまず更新したExMSSをば。

◆Magical Sound Shower
ハイスコアランキング/EXTREME(全国60位)
※2010/10/05時点

ExMSS_468310

ベストスコア:468310点(103.52%)
COOL:528/540
HOLD:73820

FINE数は自己べストの11個よりも1個多いですが、HOLDの手順を見直したことでボーナスアップ、1090点更新。調子が良い時は74000点台まで伸ばせましたが、トップランカーは76000点台まで伸ばせるそうな。早COOLだの遅COOLだのなんて専門用語もあるようで、まだまだ奥深い世界だなあ…

ただ、打鍵方法には大きな改善を施しまして、それまでの中指一本打ちから指先全体で確実に叩く方法に変えたところ、COOL安定率が大幅に向上。あとは譜面のタイプによって中指打ちも使い分けるとか。より良い方法を見つけるために「頭を使う」ことをしない限りはスコアは伸びませんね、どんなゲームでも。

収穫の秋

『Project DIVA Arcade』稼働開始から3ヶ月あまり。そろそろリアルでの常連仲間やTwitter勢との交流が盛んになってきたところで、DIVAオフ会に参加してきました。

場所はアキバのクラブセガ新館および旧館。参加者はTwitterのDIVAクラスタ有志で、大阪からのゲストを迎撃するという名目で土曜の夜が7名、日曜の昼が14名、重複除くと計15名。その他にも居合わせた常連さんやランカーさんなどを含めてかなりの数のDIVAプレイヤーの方々と交流できました。ランクやレベルはピンキリですが、全曲パフェ称号のフーガもぞろぞろと。

アケゲーオフ会における交流の最も重要な要素は、他人のプレイをじっくりと見られる上に色々な話も聞けるということですが、私がなぜPSP版を全然プレイせず、アーケード版ばかりどっぷりハマっているのか、理由が良く分かりましたね。アーケード版、特に難易度エクストリームの譜面には「攻略」の要素がたっぷりと含まれている上に、人によってそのやり方が多種多様でとても面白い。具体的には指運びや叩き方など。

ぶっちゃけ、PSP版のDIVAだと、左手の親指と右手の親指を譜面に沿って動かすだけで、あとは単にタイミングの問題。アーケード版でもノーマル以下の難易度は誰がやっても同じ指運びなので正直言って退屈。曲や譜面を覚える以外に攻略要素なんて無いに等しいものですが、アーケード版のエクストリームはどうしても上手くいかない箇所の「攻略」に頭を捻らせる余地があるんですね。これがゲームをプレイする上では一番楽しい。

今回、追加曲配信で知識ゼロからパフェを獲るまでの「攻略」をなぞらえたことでその面白さを再確認しましたが、連打に指が付いていかない箇所だったり、複雑なボタン移動をする箇所だったり、押し間違えをしてしまいがちな箇所だったり、上手く行かない箇所がどうしても出てくるので、その都度原因を追及して解決策を工夫する。どちらの手で叩くのがいいのか、ミスしない指運びはどれかを探っていくなど。

◆本日までのクリア実績
SAT.@LV120カッサシオン

EXTREME(全50曲)/PERFECT:48、GREAT:2
HARD(全50曲)/PERFECT:50
NORMAL(全42曲)/PERFECT:38、NC:4
EASY(全30曲)/PERFECT:26、NC:4

現在、追加配信4曲は全てパフェを獲得して、残るは☆9のラスボス2曲のみですが、これがさすがラスボスに相応しい攻略しがいのある譜面なので、オフ会でもひたすら他人がどんな叩き方をしているのか盗み見たり、それぞれのテクを交換しあったり、コツを聞いてみたり、練習してはやり方を変えてみたりと「攻略」に没頭してました。効果は覿面で、ひとりでプレイしていたら思いも寄らなかったような収穫が多々ありましたとさ。

余談ですが、Twitterのおかげで交流のハードルが下がりましたね。例えばアウトラン2SP初期のオフ会(2005年頃)と言えば、まずどこにプレイヤーがいるのかすら全く分からないので、2chのスレで断片情報を収集したり、ネットを検索しまくって掲示板やブログを見つけたりして個別にアポを取ってようやく交流開始。人見知りのランカーさんだと引っ張り出すのに苦労したり、連絡を取れない人が多かったりと色々と大変でした。

一方、Twitterならば各自の接続率が高いので、呼びかけをするにしてもコストが低いし、相互フォロー間同士であればリプライを飛ばしあってチャット状態にもなるし、事前にツイートを見ているので人となりも把握しやすいしで、交流するにはもってこい。掲示板とチャットとメールを兼ね備えているようなものなので便利な世の中になったものですね。あとはもっとTwitter勢が増えてくれれば。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。