Satisfactory

2011年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年03月
ARCHIVE ≫ 2011年03月
      
≪ 前月 |  2011年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

QMA7最終成績

実に半年ぶりのQMAのエントリーですが、気が付いたら「8」が稼働していたので、大急ぎで「7」の最終成績をまとめてみたよ。結局、半年前から階級が変わってないっていうこの極端さ。ゲームにせよ何の趣味にせよ、トコトンやるか全くやらないかの二択だからねえ…

QMA7総合成績

さっと@白金賢者三段
獲得魔法石:70187個

トナメ戦績は途中からメモらなくなったので不明ですが、宝石賢者が登場した「4」以降、初めて最高階級まで到達することなく終了。ドラ組優勝や全国大会、協力プレイで得られたプラチナメダルはちょうど50枚。獲得魔法石自体が半分以下なので単純な比較は難しいものの、ドラ組トータル200勝だった前作に比べると明らかに優勝回数が減ったので、それもモチベが落ちた主要因だったかと。

総合正解率:68.83%

◆ジャンル別正解率
78.33:社会
77.76:スポーツ
70.67:ライフスタイル
67.72:ノンジャンル
64.89:理系学問
63.80:アニメ&ゲーム
63.56:文系学問
61.63:芸能

正解率自体は問題易化の影響で前作よりも4ポイント以上上がり、ジャンル別でも苦手ジャンルほど正解率が底上げされたものの、あくまで出題傾向の違いによるものなので特に地力が付いた感覚も無く、上ドラ組では全くと言っていいほど通用しなかったのが正直なところ。得意ジャンルだけの茶臼では限界を感じたものの、対策をどうすればいいのか分からないまま挫折したのが今作でした。

新作は今のところキャラが戻った以外何が変わったのか把握していませんが、とりあえずタイトルが変わるとゲームバランスが一変するのがQMAシリーズの歴史なので、一応は傾向が掴めるまでプレイしてみようと思いますが、店内対戦でわいわいやるだけならともかく、下の組でまったりプレイして楽しいなんてことは考えられないので、ドラ組に定着出来ないようならスパッとやめます。ブランクもあるしね。
スポンサーサイト

F2の壁

東北・関東大震災にて被災された方々にお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

私は勤務中での被災で都内は震度5強でしたが、実家の野田市は震度6弱。部屋の本棚は転倒防止棒をへし折って倒れ、クローゼットは内部から崩壊、あらゆるモノが落下して足の踏み場も無い有り様でした。首都圏の交通網も電気も物資の補給も麻痺状態が続いていますが、こんなときこそ娯楽を忘れずに心の余裕を保ちたいものですよね。

◆本日までの達成率実績
さっと@LV169バルカロール
総合平均達成率:103.64%

EASY(全40曲)/平均達成率:100.32%
NORMAL(全57曲)/平均達成率:104.19%
HARD(全65曲)/平均達成率:105.29%
EXTREME(全65曲)/平均達成率:103.55%

震災後数日は節電の影響や営業自粛などでアキバのゲーセンも繰り上げ閉店の日々が続いていましたが、徐々に平常通りに戻るにつれて常連の顔も戻ってきました。バルカロールも続々と誕生して、周囲はほぼスコアタ勢となっている現在、自分も嫁曲のスコアタモチベを取り戻して大粘着。その甲斐あって理論値はぐんぐん伸びています。

◆Magical Sound Shower
ハイスコアランキング/HARD(全国5位)
※2011/03/20時点

HdMSS_416840

ベストスコア:416840点(104.46%)
COOL:519/521
HOLD:31190

で、一応ハイスコア更新。前回よりFINEをひとつ増やして-210点ながら、HOLDボーナスを260点伸ばして差し引き50点アップで全5復帰。現在の全一は417170点なので、F0なら+420点で90点ほど上回る計算。しかし、F0どころかF1すらホントに出ないんですわこれが。一部のランカー界では「F2の壁」のように言われていることがようやく身に沁みて理解できました…

その一方で、HOLDボーナスの稼ぎ手段である早遅COOL、そしてボタンを弾く押し直しは録画動画でHOLD箇所をひとつひとつ限界値を洗い出しながら検証してみたので、かなり安定して稼げるようになりました。人によって色々な弾き方がありますが、自分は今のところ親指で押さえて中指と薬指で弾くスタイル。一応左右ともに出来るので、他の曲やEXでも応用を効かせたいところ。

現状F0で全一なだけでなく、理論値的にはまだまだ伸びる余地があるので、諦めずに狙っていきます!

バルカロール昇格

ver.A稼働から1ヶ月も経たず、2月末に再び新曲配信。先週末はただでさえ遠征に夜通しDIVA、大会ハシゴ参加と慌ただしい日々を過ごしたのに、新曲攻略もあって充分すぎるほどDIVA充な一週間でした。そして、何とか新曲も全てパフェって最高称号「バルカロール」獲得!

barcarolle

◆本日までの達成率実績
さっと@LV169バルカロール
総合平均達成率:103.63%

EASY(全40曲)/平均達成率:100.32%
NORMAL(全57曲)/平均達成率:104.19%
HARD(全65曲)/平均達成率:105.28%
EXTREME(全65曲)/平均達成率:103.52%

今回追加された称号には、従前のクリアポイント条件による「スケルツォ」「ソナタ」とは別に、EX全曲をパフェらないと獲得できない「バルカロール」が用意されたことで非常にモチベが高まりました。以前、唯一の全パフェ称号だった「フーガ」があったときにフキゲンパフェに執着したのと同じですね。既にコンテスト称号を含めると全25種もの称号を自由に設定できる現在、他人との差別化に固執するのはアケゲーマーの性かと^^

とりあえず、いつものように今回のEX追加5曲の感想をば。

・愛言葉(☆7)
→リズム自体は単純でFも減らしやすい曲ですが、EXは序盤に風車とも洗濯機とも呼ばれる渦巻き状の初見殺し地帯あり。要は○→△→□→×を高速で回してるだけですが、48連譜!ともなると一旦踏み外したらなかなか元に戻れず、1曲目で閉店する被害者多数。こういうインカムドブ型の譜面は勘弁して欲しいなあ…

・炉心融解(☆7)
→ボカロ曲に疎い自分でも良く知っていたリンの代表曲。ドラムンベースの激しい曲調とは裏腹に☆の少ない中級譜面ですが、連打を伴う難リズムなので精度は出しにくいかと。PVも歌詞の割には意外に地味ですが、新体操のようなしなやかな肢体を端能できるスク水を是非おすすめしたい|^o^|

・Promise(☆8)
→大海原と大空の青色が眩しいデュエット曲。DIVAらしく歌通りに素直に押せる良譜面なので初見でも安心。あまりにシンプルすぎてやや個性に欠けるきらいはあるものの、スコアタやパフェ埋めに疲れたときは一服の清涼剤になりますね。あれ、ミク&リン曲なのにネギトロでしかやったことないや|^o^(

・右肩の蝶(☆8)
→ショタ好きお姉さま方待望のレン君ソロ曲。怪しい歌詞も相まってなかなか個性の強烈な曲になっていますが、譜面もアクが強すぎて好き嫌いがはっきり分かれる感じに。細かい連打の多い難リズムがとにかく掴みづらいので、曲に慣れるというよりも譜面に慣れるまでが大変。あずきでちょちょちょちょってる余裕は無かった><

・ぽっぴっぽー(☆9)
→7つ目の☆9曲にして最凶最悪の初見殺し譜面が華々しくデビュー。難リズムにカラフル、そして見切り困難な縦同時連打に過去最長の743ノーツと、単連打以外の攻略要素をこれでもかというくらい詰め込んだ譜面に、プレイヤーの腕の差が如実に現れるような配信週となりましたが、かえって攻略し甲斐があるというもので楽しめました。PVはルカさんたゆんたゆん一択!)^o^(

攻略的には今回は「ぽっぴっぽー」に尽きるわけですが、パフェ獲得のアドバイスとしてはこれまで以上にエアDIVAこと譜面の予習が大切でした。というか、さすがに動画を見ない限り縦同時のボタン配置がまず分かりません。最終盤の縦同時8連×4セットはもちろん、中盤に用意された縦同時4連×2セット、そして終盤の単押しカラフル地帯も一度はボタン配置を書き起こして頭にインプット。そして机で叩いてみる。

次に、最低限ボタンの流れが掴めたところで、プレイしながら運指と叩き方を考えました。これには個人の得意不得意が大いに関係するのでそれぞれオリジナルの方法を考えるべきだと思いますが、例えば自分なら押し抜けしやすい細かい3連は必ず真上から指先で叩く、移動の激しいカラフル地帯は固定配置で叩く、縦同時は全て横移動で叩くなど。さらに最終盤の縦同時は、混乱するので画面を見ずにボタンを見ながら叩く!

とりわけ最後の「画面を見ずに叩く」という攻略方法の効果は抜群。それまでちっとも叩けていなかった最後の縦同時地帯で、どこでボタンを踏み外すのか、どこで押し間違えているのか、それをしっかりと認識できたら驚くほどちゃんと叩けるようになりました。画面を見ているだけだとミスの原因は分からないですからね。あとは空き台のボタンやら曲選択前のデモ演奏を使ってエア確認超重要。練習で叩けずに本番で叩けるわけがない。

そんなわけで、自分も先にパフェったプレイヤーさんの叩き方を見たり、話を聞いたりしてとても参考になったので、このエントリーを読まれた方がひとりでも多くパフェることが出来たらいいなと思います。最初は絶望的に思えた譜面でも、諦めずに頭を使って攻略して行けば意外とクリアできるものですよ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。