Satisfactory

2011年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年08月
ARCHIVE ≫ 2011年08月
      
≪ 前月 |  2011年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

EXトップ界

スコアタは一気呵成にやり遂げる!というわけで、地元ホームでF0更新。

◆Magical Sound Shower
ハイスコアランキング/EXTREME(全国9位)
※2011/08/18時点

ExMSS_473660

ベストスコア:473660点(104.28%)
COOL:540/540
HOLD:76650

GWのランキング重複荒らし事件以来、久々の一桁順位復帰。当時と比べるとランキング上位の伸び具合も詰まり具合もハイレベルになってきたので、スコアタから見える「世界」は大きく変わりました。ランキングで上位を目指すモチベとして、自分がそこに辿り着いたらどれほどスキルが上達してるんだろう、どんな世界が見えるようになっているんだろうとワクワクすることがありますが、そこまで行かないと気付かない視点は沢山あります。

ランキングも実装されて1年も経つと、MSSのようなパフェ曲の上位はほぼF0前提のHOLD勝負になっていますが、そこで上位に食い込もうとすればジャストCOOLで普通にF0が出せるだけの精度はもちろんのこと、プレイしながらノーツの針を凝視できるような動態視力はいつの間にやら身に付きます。タイミング次第でHOLDが何点くらい稼げたかまで大体分かるので、ドラゲーのタイムアタックを極めればコンマ何秒の誤差か読めるようになるのと全く一緒ですね。

そんなわけで、今回の更新はプレイ中に大体予想していた通りのスコアでした。理論値ではまだ200点ほど伸びますし、そもそも理論値を出してもまだ全一に届かない程度なのでまだまだHOLD修行が必要ですが、感覚が研ぎ澄まされてきたなと感じるのはとても痛快なこと。FINEが一個でも出たらスコアタ終了の無茶ゲーなのも確かですが、その重圧の中で自己ベストを目指すヒリヒリ感はやはりトップ争いでないと味わえない悦楽ですし。

そういった点では、FINEひとつの重みを感じながら詰めてきたHARDのスコアタであったり、達成率詰めが効いてきてるなと思うところではあります。プレッシャーに強くなるためには、数多くの重圧と戦う経験を積むしか無いですから。でもね、経験をしっかりと自信に還元できれば、更新のかかったプレイでも動じずにちゃんと全COOLが出ますから。アウトラン時代から繋げるのは得意。あとは理論値をどこまで伸ばせるか。

まだまだ天辺は雲の上の世界ですが、今まで限界を考えたこともないので、どんな壁もいつしか突破できるものだと思っています。執念深さは自分の取り柄なので、気長に頑張りたいですね。
スポンサーサイト

HOLD特訓中

「ドリーミーシアター2nd」に釣られてPS3買いました。ほぼ完全にPV再生専用機ですが、AC版との若干のモデリングの差異もすぐに気にならなくなり、おかげさまでPV録画勢としてのモチベは消沈。これで気兼ねなくスコアタに打ち込めるというわけで、嫁曲を連日更新中。

◆Magical Sound Shower
ハイスコアランキング/EXTREME(全国10位)
※2011/08/15時点

ExMSS_473570

ベストスコア:473570点(104.28%)
COOL:540/540
HOLD:76560

お盆休みの初日にアキバレジャ2で473520点、473530点と立て続けにF1でスコアを更新した翌日、今度は渋谷ナムコランドでF0更新。しかし、HOLDはゆるゆるでF1から40点しか上がらず、無念の9位タイスコア。重複野郎のスコアなのでさっさと抜きたいのに足踏み状態で非常に悔しいです。精度とHOLDはなかなか両立しないもので…

ただ、粘着しているうちにHOLDの稼ぎどころが大分安定してきて、長らく76500~76600点台で安定してしまっていたHOLDスコアが76700~76800点台まで伸びてくるようになったので、ワンチャン繋がり待ちというところまでは来たかなと。一桁順位、473700点台以上はほぼF0前提での詰まったスコア勝負になっているので、やり甲斐は大いにあり。まだまだ満足せずに頑張ります。

HOLDメモ:早は感覚、遅はガン見。

アリア昇格

ゆりゆりmagnetええなあ…(挨拶)

magnet

7月末に配信が無くてほっとひと安心したのも束の間、今回は月初に新曲追加で遂に全79曲に膨れ上がりました。稼働当初の全40曲からすると約2倍ですよ。積み重ねが無かったらさすがに全曲パフェなんて諦めてるレベルですが、ここまで来たら一蓮托生と言うことで、今回も意地で全パフェ称号「アリア」をゲット。久しぶりにきつかった…

◆本日までの達成率実績
さっと@LV208 疾風のアリア
総合平均達成率:104.13%

EASY(全50曲)/平均達成率:100.63%
NORMAL(全71曲)/平均達成率:104.76%
HARD(全79曲)/平均達成率:105.64%
EXTREME(全79曲)/平均達成率:104.29%

今回は2ndからの5曲追加。いつものようにEX感想から。

・ハジメテノオト(☆7)
→感謝祭ではオープニング、ミクノポリスではラストに演奏されるなど、もはやボカロ界の一大アンセム。判定が遅いことさえ気を付ければ特にクセの無い譜面で初見パフェ。キラキラを出しながら浮遊するPVがどうしても「NiGHTS」を連想して止まないんですけど。

・初めての恋が終わる時(☆7)
→2ndに収録されてたことをすっかり忘れてたryo曲のひとつ。これまた判定がえらいこと遅いので初見はFINEが出まくりましたが、やっぱり☆7らしくシンプルな譜面なのでパフェは余裕かと。駅のホームという日常感溢れるPVがかえってモジュールを選びにくいっていう。

・magnet(☆8)
→素晴らしきかなネギトロPV曲。初見では見辛すぎるノーツ、難リズムに難判定と叩きづらいものの、分かってしまえばラストの単複交互押しだけが厄介な譜面。案外リズムがゆったり目なので、押すボタンを意識しすぎて早SAFEを出さないように。それにしても百合ルカさんええなあ…

・VOiCE(☆8)
→音がとても気持ち良い神曲のひとつ。間奏の難リズムと終盤の階段押しがややクセのある譜面ですが、慣れてしまえばどうということはないという、粘着すればパフェれる代表的な例ですね。PVで豪快にすっ転ぶシーンが痛そうで見てらんない><

・サイハテ(☆9)
→今回最大の問題譜面。8曲目の☆9曲にして、個人的には「ぽっぴっぽー」よりも断然苦労した最難関曲に。リズム的には非常に単純な曲ながら、これでもかというくらいに詰め込まれたあらゆるパターンの同時押し譜面がマジ鬼畜。それでいてBPMが絶妙に速いのでなかなか見切れない。譜面を把握するまでがまず一苦労でした。

というわけで、ここからはサイハテ攻略記。まず、この手の初見で見切れない譜面を攻略する際は、

①ノーツを書き出してみる(頭で覚える)
②指の動かし方を予習する(手で覚える)
③実際に叩けるようにする

と3つのプロセスを踏むわけですが、今回つくづく痛感したのは「手」で覚えるばかりでは限界があるということでした。「ぽっぴっぽー」の縦同時レベルであれば、画面を見ずに手元を見ながら「手」で覚えたまんま押すだけでもパフェれましたが、「サイハテ」の縦同時、とりわけ最終盤に登場する通称ピラミッドこと、1→2→3→4→3→2→1の同時押し譜面はしっかりとノーツを見切れないと全然押せません。

毎回、新曲が配信されるたびに驚愕させられるのが、ほんの数クレで☆9曲もパフェってしまうような宇宙人たちですが、音ゲの経験やセンスに恵まれた彼らはおそらく①から③がほぼ同時に攻略できるので時間がかからない。つまり、頭と手がラグ無しで直結していて見たまんますぐに押せるということですね。しかし、凡人ではどうしてもそこにラグが生じてしまうので、差を埋める努力をしないといけない。

で、努力といえばこれまでは千本ノック的な徹底的なやり込みで「手」に覚えさせるしかないと思っていましたが、今回の譜面には連打的な要素はほとんどないので、技術的にはそれほど難しい箇所は無い。けれど押せない箇所がある。それはなぜかと言えば、これまで頭と手を乖離させてきただけにちゃんと目で見切れていないから。中途半端に覚えて押せてしまったことで、感覚的な能力が鈍ったままだったんですね。

そこで、今回は「手」ばかりに覚えさせて偶然の繋がりを待つのでは分が悪いと踏んで、途中からしっかりと目でノーツを追うように訓練しました。最初はBPMの速さに付いていけずにうろ覚えのまま押せてしまっている箇所が大分ありましたが、これだとちょっとプレッシャーに晒されただけで頭が白くなってミスをします。けれど、しっかりと目でノーツを追えていれば、頭で思い出す手間が省けるので手がちゃんと動いて叩いてくれます。

とりわけ、ピラミッドやら平行四辺形やらと揶揄された最終盤の超難関譜面は、不思議なことに「手」だけに押させるとほとんどミスる。しっかりとノーツを見切れていればちゃんと押せるという因果関係がありまして、最後に意識したのは「ガン見」でした。慣れない手間を踏んだだけに思った以上にクレ数はかかってしまいましたが、ホントに「目」は重要です。ミスった箇所を把握するにもしっかりノーツを見てないと分からないですし。

これからは攻略の②と③の間にしっかりと「目でノーツを見切る」という手順を踏ませるように徹底したいですね。これまではサボらせすぎだったけど、高い授業料でした><
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。