Satisfactory

2012年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年07月
ARCHIVE ≫ 2012年07月
      
≪ 前月 |  2012年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クーラント昇格

いつからDIVAはラブプラスになったん!

graph01

graph02

あまりに積乱雲PVが可愛すぎてスクショ販売戦略が大当りのセガさんですが、そんなあざといセガなんてセガじゃないよ!(カシャッ)

◆本日までの達成率実績
さっと@LV308 音速のクーラント
総合平均達成率:104.43639%

EASY(全74曲)/平均達成率:100.779495%
NORMAL(全107曲)/平均達成率:105.21420%
HARD(全115曲)/平均達成率:105.84878%
EXTREME(全115曲)/平均達成率:104.65347%

そんなわけで新曲全パフェって久々に最高レベルになりました。ギリギリですけど。今回は☆7×3の☆9×1という「激唱」配信時の難易度構成が再来ということで、☆9「ベンゼン」を戦々恐々と迎え入れましたが、意外と肩透かしな弱譜面で助かりましたね。さすがに「激唱」と「裏表」の連投は反省してくれたのでしょうか。さっさと新曲感想まとめ。

・積乱雲グラフィティ(☆7)
→「extend」発売時に書き下ろされた看板アンセム。さすが、キャッチーで飽きることのないryo曲ですね。全般的に☆7相応の叩きやすい譜面ですが、中盤の連打地帯が唐突すぎてやや切りやすいかと。コロコロと変わる笑顔が眩しいPVも見飽きませんが、ガン見してるとノーツを押し損るのでマジ注意w

・Palette(☆7)
→「extend」最後のルカ曲。伸びのある声質が特徴のルカさんに合っていて最も好きなルカ曲のひとつですが、こちらもしっとりと表情豊かに歌い上げるPVがすばらっ!譜面はイントロ&アウトロゲー。目立たない裏のリズムラインがノーツ化しているので、慣れるまではボタン音をOFFにして曲を聴きながら叩けば問題なし。ただし、判定が遅めなので焦らずに。

・千年の独奏歌(☆7)
→ヤロー曲その1。ただでさえ全然プレイしてない「extend」で、サントラでもイントロで飛ばしてたのでさっぱり曲を知らず、細かい2連、3連で切りまくって初パフェまで散々苦労しましたが、BPMが遅くて精度も取りにくい苦手曲。曲が配信されたときに困るので選り好みは極力避けましょう。と言っても今後もサントラ飛ばすけど←

・パラジクロロベンゼン(☆9)
→ヤロー曲その2。初見こそ後半の同時押し地帯に圧倒されて死にましたが、特に動画を見たり書き起こしたりしなくても見切れるレベルのノーツ配置なので、数回プレイすればすぐに理接したものの、とにかくノーツ数が多いことと、判定が気持ち悪いくらい遅いため切りやすく、初パフェまでは☆9相当。それでも☆9での相対的な難易度で言えば、「MSS」「聖夜」「消失」に次いで下から4番目くらいでしょうか。

譜面の特徴で言えば「サイハテ」と似たような感じで、見たまんま押すこと自体は難しくないですが、左右でシャリって判定ズレの起きやすい2同時は極力片手で叩くなど、ミスを減らすための運指構築は必要。中盤から終盤にかけての同リズムの反復で縦同時で終わる箇所は、若干早めに空いた手を移動して準備しておかないと押し損ねるリスク大。最終盤のカラフル地帯は、一個一個のノーツを流さずにガン見すれば恐るるに足らず。

これで「extend」配信曲は残り9曲ですか。「ローリンガール」と「*ハロー、プラネット。 」が早くやりたいっす。あとセガ曲まだー
スポンサーサイト

マジカルサウンドサマー

こうも夏らしい夏という日々が続くと、海辺のPVでお馴染みのMSSが似合う季節ですよね!うん、年柄年中やってんだろとか言わない。てなわけで、全一を獲得した昨年以来、ほぼ丸一年ぶりにHARD更新のお知らせ。

◆Magical Sound Shower
ハイスコアランキング/HARD(全国6位)
※2012/07/19時点

HdMSS_417400

ベストスコア:417400点(104.58%)
COOL:521/521
HOLD:31330

同スコアが上に2人いるので順位は変わらないままですが、とりあえず10点更新で大台突入。EXTREME以上にHOLDひとつひとつの重みが違うHARDをここのところ久々に粘着してみて実感しましたが、やはり筺体差はあると思いました。というのも、昨年全一スコアを出したのはたまたま行脚先でやってみた筺体で、それ以来地元の筺体でどれだけ攻めてやってみても、それだけのHOLDスコアを稼ぐことはほとんど出来なかったんですよね。

それがここ最近、シリアル番号チェックと筺体差の検証に神経を研ぎ澄ませながら多数の筺体に触れていたところ、どうもCOOL判定幅の違う筺体がチラホラある。大雑把に分けるとサン電子製は特定箇所の早COOLが狭く、明伸工業製は同箇所の早COOLが広いようだというところまでは突き止めましたが、異なる製造元の筺体が混在する店舗ではどちらも同じ判定だったりで、必ずしも製造元のみに依拠するだけでは無さそうで、まだまだ検証途中というところですが、少なくともスコアが出やすい「MSS台」の目星をいくつか付けました。

そこで早速裏付けがてら数日プレイしてみたところ、稼ぎ漏らしている箇所がまだまだあるにも関わらず、サクッと更新スコアが出てしまった次第。ただ、判定幅の違いにしろ、HOLD稼ぎのチェックにしろ、Ver.Bになって早~ジャスト~遅の判定が色分けされるようになったのはかなり役に立ちましたね。4HOLDで最低1フレ、2HOLDでも数フレ落としているので、あと80点での全一スコアは十分視野に入ってきたかと思います。あまり欲をかいても良いことは無いので、次の目標は20点上乗せして達成率を更新することですかね。

◆本日までの達成率実績
さっと@LV296 音速のアルマンド
総合平均達成率:104.44042%(+0.00909
VOCALOID POINT:53494VP(+15354

EASY(全71曲)/平均達成率:100.77492%(-0.00363
NORMAL(全103曲)/平均達成率:105.19135%(+0.02085
HARD(全111曲)/平均達成率:105.86162%(+0.02349
EXTREME(全111曲)/平均達成率:104.66702%(-0.02914

せっかくスコアタモチベが上がってきたところで新曲を配信されると水を差されたような気になりますが、定点観測の新曲配信前達成率まとめ。「裏表」攻略に全力を注いでほとんど達成率を伸ばす余力が無かった前回とは異なり、今回はF0数を27曲増やして合計261曲まで伸ばしましたが、一度落とした達成率ランキングはなかなか上がらず、総合54位、HARD48位止まり。HARDはF0数81曲、残り30曲まで詰めて、残りFINE数も85個まで減らしたのに、30位以内に入るにはあと60個は減らさないと無理だよ!競争激しいなあ…

それでもようやくEXTREMEのF0数を増やす余力が出てくるところまで来たので、EX達成率ランキングもじわじわと上げて行くのが今後の目標かな。仲間内でのF0獲得数争いも再び激化中なので、放ったらかしの「激唱」パフェを狙うにはリソースが足りません!

筺体差仮説

Ver.Bからの新機能で「ライバル」システムが導入されましたが、ライバル、気になるプレイヤー合わせて既に50人以上ものプレイヤーから登録を頂きました。どうもありがとうございます。

ライバル許可も検索許可もTwitterフォロー機能もオールOKにしてあるので、どしどし勝利宣言を飛ばして頂きたいと思いますが、現状相互登録で無いとリプが飛ばない仕様なので、スコアor達成率を抜いたのに連動しないぞという方はどうぞ遠慮無く教えて下さいませ。

[ライバルコード] P33PBDV2Y9

さて、Ver.Bになって筺体周りのデザインがガラッと変更されて、Ver.A以前の筺体パーツもほとんどが換装されました。それで困ったことがひとつありまして、以前は初期Ver.からの筺体とVer.A以降の筺体を見分けるポイントとして、筺体上部のアクリル板にあるタイトルロゴに「初音ミク」が付いているか付いていないかで判別出来たのですが、Ver.B以降は全て同じタイトルロゴに統一されたため、見た目では分からなくなりました。

なぜ筺体のバージョンに拘るかと言うと、トップランカー勢の間では筺体によってノーツの早遅幅に違いがあるといういわゆる「筺体差」説がまことしやかに流布しておりまして、特にVer.Aから新たに設置された新筺体と、旧筺体の間ではそれが如実に表れるという問題があるためです。どちらが有利か不利かという差は曲によって異なると言われていますが、私自身MSSでは同じ感覚で早COOLが入らないという違いは実感していました。

diva_serial

そこで、たまたま店舗行脚中に筺体の移動経路を調べるために収集し始めたこともあって、有効な見分け方がひとつありまして、それが筺体背面の「シリアル番号」をチェックする方法。上記画像では左上に「01397065」と刻印されたステッカーがそれです。場所は筺体正面から見ると右奥の裏側、背面から見ると左底部のコンセント差し込み口近くに貼ってあります。壁に密着するように設置された筺体では困難ですが、多少なりとも背面にスペースのある筺体であれば、店員さんに頼むなりして見せて貰うことは可能かと思います。

これまでに全国のプレイヤー諸氏の協力を得まして、既に50台に上る筺体のシリアル番号を収集しましたが、非常に興味深い事実が判明しました。現在、全国にて稼働しているDIVA筺体は、少なくとも3社の製造元があります。そのうち、初期Ver.から稼働しているいわゆる旧筺体は、「明伸」工業製と「サン電子」工業製。そして、Ver.A以降に稼働したいわゆる新筺体は全て「福島タカラ」電子工業製でした。

※シリアル番号による判別法
01394000番台:サン電子
01396000番台:明伸
01397000番台:サン電子
01411000番台:福島タカラ

かねてから旧筺体と新筺体の間のほかに、旧筺体同士でも「筺体差」の存在は取り沙汰されていました。ここからは私の仮説ですが、未だにその原因、理屈は分からないものの、「筺体差」とはひょっとしたら筺体の製造元が異なるがゆえに発生する事象なのかも知れません。結論付けるためには、今後さらなるデータ収集と検証が必要だと思いますが、あるいは同じ「サン電子」製でも4000番台と7000番台では性格が異なるのかも。今後はその辺りをチェックしながら店舗行脚したら面白いかと。

ひとりの足では限界がありますので、是非地方からのシリアル番号データおよび「筺体差」の体験談を集めさせて頂けたら幸いです。よろしくお願いします~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。